2022年9月13日
令和4年首都圏の地価公示に係るコメント
2015年1月13日
2015年3月19日
平成27年地価公示に係るコメント
2015年1月13日
第9回FRK住まいと暮らしのセミナー 参加者募集
2014年10月8日
第19回不動産流通業に関する消費者動向調査を実施しました
2014年9月17日
平成26年広島県大雨災害義援金を拠出
2014年7月24日
平成27年度税制改正に関する要望
不動産業界への転職コラム
不動産業界に就職活動を始めるとなるとまず何から準備していけば良いのか、分からない人も多いでしょう。様々な選択肢がある中で、何をすれば効率がいいのか、混乱してしまう人もいます。今回が就職活動初体験という人は、情報を集めようと思っても、効率のいい情報の集め方もわからなくなるものです。ハローワークや就職支援サイトなど、情報が得られる場所はたくさんあります。まずは活用できるそうなものを使ってみましょう。どうすれば就職先が効率的に決められるか分からない人は、就職エージェントを使うという方法もあります。就職活動に臨む姿勢は、人によって様々です。新卒か、第二新卒か、中途採用希望かだけでも、環境は全く異なるものになります。それぞれの就職活動の状況に応じて、きちんとサポートしてくれる就職エージェントはとても頼りになるものなのです。就職活動を進める上でわからないこと迷っていることを就職エージェントに聞けば、適切な答えが得られることでしょう。就職エージェントのホームページで登録手続きを行うことで、利用することが可能になります。転職エージェントおすすめのキャリアアドバイザーのカウンセリングを受けることで、方針を決めることができるようになります。就職エージェントでは、登録内容に基づいて就職先の希望などを確認し、マッチング率の高い求人を選んで紹介してくれます。就職エージェントを利用した就職活動は、遠回りのようにも感じますが、納得のいく結果を得るためにはとても役立ちます。

新卒採用と中途採用の違いは、中途採用者の場合、過去の実績や資格を求めて採用するということにあります。別な会社で働いてたことがある人を採用する以上は、どのようなスキルや能力を持っている人物かを、企業は知りたいと思います。新しい職場で、自分という人材はどのような形で戦力になりえるかを相手に伝えることが、中途採用者はポイントになります。採用担当者に評価してもらうためには、自己PRを志望動機などの中に織り込んでおくといいでしょう。志望動機に記述されている貢献できる項目が理に適っていれば、会社の即戦力として期待することが可能です。その会社が行っている仕事内容などをきちんと把握したうえで志望動機を書いているのであれば、さらに評価が高まります。例えば、保育士の転職でも、保育士の転職サイトでおすすめのサイトを活用して志望動機をしっかりと書いた場合は、非常に良い結果を出している保育士も多いのです。転職を希望している人に対しては、ほとんどの企業が、前の会社をやめた事情を問います。自己正当化するような話し方や一方的に以前の会社を悪く言うようなことをするとあまりいいイメージをもたれません。もっと深くまで勉強がしたいとか、自分の能力を高めたいなど、自分の意欲を示せる動機がいいでしょう。前の仕事をやめた理由とこの会社に入りたいと思っている動機とは、リンクしている可能性が高いことも理由の一つです。退職した理由がスキルアップがしたいからだとすると志望動機の一つにはそのスキルアップに関することが書かれていなければなりません。退職理由すべてを志望動機に関連付ける必要はありませんが、志望動機を考える際には考慮すべき大切な点になります。